住宅街

外壁塗装をする施工面積について

一軒家

外壁塗装をする上で重要となるのが、塗装する面積の大きさですよね。それは坪数で測る人もいれば㎡数で測る人もいますよね。それは塗装をする業者さんによって様々ですが、ここで注意が必要な点があります。
それがL字の住宅の時です。通常L字の住宅は正方形のお家に比べると住む面積が狭く、て広く感じないと思いますが塗装をする時はその考えが全く変わります。塗装をするのは当然ですが外壁です。そうなると、極論ですがL字だろうが正方形だろうが、縦横の長さが一緒であれば塗る大きさは同様という事になるのです。通常家を建てる時は正方形一杯使うと施工面積が上がり金額が跳ね上がりますよね。なので方法を諦めてL字にしたりすると思いますが、その作戦は外壁塗装の時には通用しないのです。
そこで、家を建てる時に安くしたから塗装料金もきっと普通より安くなると思っていても、全く変わらないのです。塗装の料金自体を下げたいのであれば縦、横の長さ自体を変えないと意味がありません。将来の塗装を考えて家を建てる人はあまりいないと思いますが、外壁塗装はその辺とても例外な部分が強いといえます。
逆に屋根になりますと、今度は面積が家自体と同様となりますのでL字にしておけば屋根の面積が小さくなり塗装代は安くする事ができます。
少し難しいですが、外壁の塗装の時は自分の塗る面積をしっかりと確認しましょう。

外壁塗装をする施工面積について

一軒家

外壁塗装をする上で重要となるのが、塗装する面積の大きさですよね。それは坪数で測る人もいれば㎡数で測る人もいますよね。それは塗装をする業者さんによって様々ですが、ここで注意が必要な点があります。それがL字の住宅の時です。通常L字の住宅は正方形のお家に比べると住む面積が狭く、て広く感じないと思いますが塗装をす…

外壁塗装をする意味とは

黄色い外壁の家

外壁塗装をする意味はあるのでしょうか。外壁というのは何年かすると劣化してきます。一般的には、8年くらいで劣化すると言われています。そのまま外壁が劣化したまま、放置していたらどのようになるのでしょうか。まず外壁塗装がはがれてきてから、カビの温床になってしまうことがあります。カビというのは外壁の塗装が剥げてき…

TOP